米粉とむすめとアレルギー

米粉でお菓子・パン作り&卵・乳・小麦・ナッツアレルギーのむすめの成長日記

生まれて初めてのアポロ

f:id:komeko-aoi:20170507142918j:plain

乳製品アレルギーの次女は、今、牛乳負荷を頑張っています。

牛乳1㏄飲んですぐにアレルギー反応が出たのが、ちょうど一年前の5月9日。

病院内で牛乳負荷させてすぐに、顔に赤みが出て痒がりました。

 

それほど牛乳に反応していた次女が、今、牛乳50㏄飲んでいます。

 

50㏄飲めるようになった結果、乳成分が入ったチョコレートが食べれるようになりました。

牛乳50㏄に値するたんぱく質量が、1.65g。

この数値以内のものでしたら、食べることができます。

 

そこで、次女がまず食べたのがアポロチョコレートです。

ミニサイズのチョコレート菓子がアソートになっているこちらのもの。

f:id:komeko-aoi:20170507143818j:plain

このサイズなら、アポロチョコレート1箱食べても大丈夫です。

 

次女は、本当に嬉しそうに食べていました。

長女にはグミチョコをあげ、わたしにはコーヒービートをくれました。

 

みんなで同じものを食べれる喜びをひしひしと感じ、また、次女の成長に涙したおやつの時間でした。

 

でも、体調の悪い時やタイミングが合わないと、50㏄以下の牛乳でもアレルギー反応が出ることがあります。

 

ある日の朝、いつものように牛乳を与えたところ、目が充血し結膜炎のようになり、泣き叫び、機嫌がわるくなったことがあります。

目が充血してしまう時は、きまって右目です。

その日は、あまりにも目をこすってしまっていたため、夕方まで腫れが残っていました。

こんな思いをしても頑張る次女の姿を見て、長女と一緒に大泣きしました。

 

つらいことはあります。

しんどいこともあります。

でも、着実にクリアしていっている次女をこれからも全力で支えていきたいです。

 

青木松風庵 MONAKA

青木松風庵 MONAKA

卵、乳、小麦、ナッツ類不使用

https://www.shofuan.co.jp/

f:id:komeko-aoi:20170506225053j:plainf:id:komeko-aoi:20170506225237j:plain

 

 

最中の皮とあんこが別々になっている最中。

普段、青木松風庵さんでは「最中三昧」として販売されているものです。

f:id:komeko-aoi:20170506225740j:plain

こどもの日に来店したお客様へのプレゼントとして、こんなにかわいいドラえもんとキティちゃんのコラボパッケージ。

大人のわたしでも「わぁー!」と思いました。

 

このパッケージにはこんなメッセージが添えられていました。

f:id:komeko-aoi:20170506225719j:plain

とっても嬉しかったです。

アレルギーを意識してくださること。

アレッこの母として、こんなに嬉しいことはありません。

 

アレルギー対応ができるできないは、それぞれの事情があると思います。

アレルギーの存在を知ってもらえていないことが多いのも現状。

でも、そこを意識してくれているということだけでも、社会に変化が起きるように思っています。

まずは「アレルギーを知ってもらう」、そんなことができないかな~と改めて思いました。

 

 

青木松風庵さんは、「朝焼みかさ」や太平サブローさんがCMをされている「月化粧」で有名な和菓子屋さんです。

他のお菓子もどれもおいしいので、是非食べてみてください。

 

www.shofuan-shop.com

www.shofuan-shop.com

www.youtube.com

幼稚園給食試食会


f:id:komeko-aoi:20170502222417j:image

長女は、京都市内の公立幼稚園に通っています。
給食はなく、毎日お弁当を持って行っています。

 

わたしは、給食がなくても満足です。

 

しかし、長女の幼稚園で給食が導入されることになりました。

というのも、公立幼稚園は、働くお母さんが増えてきた背景もあり、預り保育が充実してきています。

 

働くお母さんのために、お弁当の負担を軽くしたい。
また、みんなと同じものを食べる楽しさを味わってもらいたい。

そんな園の思いがあり、週に一度だけ希望者は給食が選択できるようになります。

 

それに先駆けて、先日、試食会が開催されました。

この日のメニューは、筑前煮、カボチャの天ぷら、ブロッコリーツナマヨサラダ、チーズ。

京都の割には濃いめの味付けで、大人でもおいしくいただけました。

きっと、子どもたちもおいしくたべれるんじゃないかな?と思いました。

 

しかし、問題はアレルギー対応です。

 

長女は、食物アレルギーがありませんので、今年度の心配はありません。

次女は、食物アレルギーが複数あります。
今年はまだプレの為問題ないのですが、来年度には入園します。

 

給食業者さんに質問したら、一応のアレルギー対応はあるようです。

しかし、あくまでも代替えです。
例えば、パン給食の日はごはんに。
卵やパン粉入りのハンバーグの日は、ハンバーグではない別のものに。
同じメニューという訳にはいかないようです。

 

来年度、給食について次女に相談する時、次女はどんな答えをするのでしょうか。

今から、モヤモヤザワザワします。 

こどもクッキー


f:id:komeko-aoi:20170427000009j:image

こどもクッキー
卵、乳、小麦、白砂糖、ナッツ等不使用

 

ナチュラルハウスで見付けた、「禾」さんの「こどもクッキー」という名のお菓子。
四種類ありました。

 

おんなのこクッキー。
おとこのこクッキー。
くだものクッキー。
やさいクッキー。

 

かわいいパッケージにウキウキワクワクしてしまいますが、なかなかいいお値段していますので、今回は、「おんなのこ」と「くだもの」を購入しました。


f:id:komeko-aoi:20170427000033j:image


f:id:komeko-aoi:20170427000151j:image

まずは、「くだものクッキー」をいただきました。

イチゴ、レモン、ココア味が入っています。

カリカリサクッとした食感のクッキーです。

 

「おんなのこクッキー」は、お花の形のクッキーでした。

 


f:id:komeko-aoi:20170427000432j:image

小袋に入っているので、持ち歩きにも便利です。



京都市動物園のグルテンフリー

f:id:komeko-aoi:20170426004818j:image
f:id:komeko-aoi:20170426004758j:image
 
f:id:komeko-aoi:20170426004834j:image

ぞうのふん みたいな 米粉クッキー
卵、乳、小麦、白砂糖不使用

 

京都市動物園で見付けたクッキー。

すごいネーミングですね。

 

次女はひたすら、「う○こクッキー」と呼んでいます。

サクサクしていて、とても美味しいですよ。

 

京都市動物園はぞうの糞が展示されていたのでこのネーミングなのでしょうが、京都市動物園のみならず、全国の動物園でも販売されたらいいな~。

 

Little seeds Wonder Forest vol.1

Little seeds Wonder Forest vol.1

宝ヶ池公園憩いの森にて開催されたイベントに行って来ました。

様々なワークショップがあり、お店があり、親子で楽しめるイベントでした。


f:id:komeko-aoi:20170425234700j:image


f:id:komeko-aoi:20170425234721j:image

自分で作ったチョウチョの羽を着けて走り回る子。

光遊びをする子。

色水でしぼり絵をする子。
ヨガをする親子。
絵本の読み聞かせを楽しむ親子。
ジャグリングに夢中な子。

 

とても天気が良い一日。
レジャーシートにゴロン。
空を見上げているだけでも心地よく、時間を忘れました。

 

CAFE Phalam

cafe Phalam

ぐるなびcafe Phalam

というお店で見付けた、グルテンフリーでヴィーガンのイチゴのティラミス。


f:id:komeko-aoi:20170425234741j:image


f:id:komeko-aoi:20170425234754j:image

イベントでもグルテンフリーやヴィーガンを見かけることが増えてきて、次女も楽しめるのがありがたいです。 

手術成功


f:id:komeko-aoi:20170330013153j:image
長女、無事に退院しました。

 

年明けに判明した長女の鼠径ヘルニア。
3月27日に手術をし、今日28日に無事に退院しました。

 

初めて長女が鼠径ヘルニアだと分かった時。
それが、手術必須だと分かった時。
頭が真っ白になりました。

 

でも、手術すれば治る!ということだけ考えて、前向きに過ごしてきました。

 

手術の時。
手術室で麻酔がかかるまで付き添ったのですが、いざ麻酔されるとなったら大暴れで拒否した長女。
押さえつけて、麻酔をかけざるを得なくなりました。

 

直に眠りについた長女。
その姿を見るのは、辛くて辛くて苦しかったです。

 

手術は成功。


でも、術後、麻酔の副作用で興奮状態だった長女は、泣きながら大暴れ。

「今すぐ帰る」と。

傷口も痛いようで、メンタルがズタボロでした。

そして「妹に会いたい」と泣いていました。

家では、次女が「ねぇねに会いたい」と泣いていたそうです。

 

まだ傷口の痛みがあるようで、歩くとへっぴり腰ですが、元気に帰って来れました。

 

姉妹は、抱き合って再会を喜んでいました。

 

長女は、もうすぐ6歳になります。

心機一転、ますます元気で明るくて優しい女の子でいてほしいです。

 

写真は、入院前にお友だちから頂いたお見舞いの品々。
たくさんのお友だちに支えられて、わたしたち親子は幸せです。
みんな、ありがとう。