読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米粉とむすめとアレルギー

米粉でお菓子・パン作り&卵・乳・小麦アレルギーのむすめの成長日記

京都市動物園のグルテンフリー

f:id:komeko-aoi:20170426004818j:image
f:id:komeko-aoi:20170426004758j:image
 
f:id:komeko-aoi:20170426004834j:image

ぞうのふん みたいな 米粉クッキー
卵、乳、小麦、白砂糖不使用

 

京都市動物園で見付けたクッキー。

すごいネーミングですね。

 

次女はひたすら、「う○こクッキー」と呼んでいます。

サクサクしていて、とても美味しいですよ。

 

京都市動物園はぞうの糞が展示されていたのでこのネーミングなのでしょうが、京都市動物園のみならず、全国の動物園でも販売されたらいいな~。

 

Little seeds Wonder Forest vol.1

Little seeds Wonder Forest vol.1

宝ヶ池公園憩いの森にて開催されたイベントに行って来ました。

様々なワークショップがあり、お店があり、親子で楽しめるイベントでした。


f:id:komeko-aoi:20170425234700j:image


f:id:komeko-aoi:20170425234721j:image

自分で作ったチョウチョの羽を着けて走り回る子。

光遊びをする子。

色水でしぼり絵をする子。
ヨガをする親子。
絵本の読み聞かせを楽しむ親子。
ジャグリングに夢中な子。

 

とても天気が良い一日。
レジャーシートにゴロン。
空を見上げているだけでも心地よく、時間を忘れました。

 

CAFE Phalam

cafe Phalam

食べログcafe Phalam

というお店で見付けた、グルテンフリーでヴィーガンのイチゴのティラミス。


f:id:komeko-aoi:20170425234741j:image


f:id:komeko-aoi:20170425234754j:image

イベントでもグルテンフリーやヴィーガンを見かけることが増えてきて、次女も楽しめるのがありがたいです。 

手術成功


f:id:komeko-aoi:20170330013153j:image
長女、無事に退院しました。

 

年明けに判明した長女の鼠径ヘルニア。
3月27日に手術をし、今日28日に無事に退院しました。

 

初めて長女が鼠径ヘルニアだと分かった時。
それが、手術必須だと分かった時。
頭が真っ白になりました。

 

でも、手術すれば治る!ということだけ考えて、前向きに過ごしてきました。

 

手術の時。
手術室で麻酔がかかるまで付き添ったのですが、いざ麻酔されるとなったら大暴れで拒否した長女。
押さえつけて、麻酔をかけざるを得なくなりました。

 

直に眠りについた長女。
その姿を見るのは、辛くて辛くて苦しかったです。

 

手術は成功。


でも、術後、麻酔の副作用で興奮状態だった長女は、泣きながら大暴れ。

「今すぐ帰る」と。

傷口も痛いようで、メンタルがズタボロでした。

そして「妹に会いたい」と泣いていました。

家では、次女が「ねぇねに会いたい」と泣いていたそうです。

 

まだ傷口の痛みがあるようで、歩くとへっぴり腰ですが、元気に帰って来れました。

 

姉妹は、抱き合って再会を喜んでいました。

 

長女は、もうすぐ6歳になります。

心機一転、ますます元気で明るくて優しい女の子でいてほしいです。

 

写真は、入院前にお友だちから頂いたお見舞いの品々。
たくさんのお友だちに支えられて、わたしたち親子は幸せです。
みんな、ありがとう。

東京・横浜グルテンフリーな旅

2月の中旬に、一人で横浜に行っていました。

憧れの大好きな人にお会いするためです。

 

その大好きな人というのは、米粉理研究家の多森サクミさんです。

米粉料理研究家・多森サクミ[Sakumi Tamori]

 

昨年の春、京都にサクミさんをお招きして、レッスンを受けたことがあります。

その時の姿にすごく感銘を受けました。

丁寧なレッスン。

豊富な知識。

温かい人柄。

もう、すっかり虜になりました。

 

久しぶりにお会いした時、思わず抱き合ってしまいました。

 

サクミさんとの時間を過ごした後は、埼玉の友人とカナダの友人と10年ぶりに再会しました。

 

わたしは、11年前にカナダでワーキングホリデーを利用して暮らしていました。

その時の語学学校の仲間です。

 

埼玉の友人とは、何日も前から約束していたのですが、カナダの友人は偶然日本に一時帰国していて、しかもまた偶然にも東京にいて、あまりのミラクルに3人で大興奮でした。

 

この話をサクミさんにもお話したら、サクミさんも一緒になって興奮してくれました。

本当にいい方です、サクミさん!!

 

関東方面は、からっきし分からないので、ピックアップしておいたお店を友人に全て案内してもらいました。

 

まず向かったのが、サクミさんのお教室から程近い、「ココナッツドリーム」さんです。

f:id:komeko-aoi:20170309224517j:plain

ココナッツドリーム

グルテンフリーのお菓子やパンがたくさん並んでいます。

 

以前お取り寄せしたことがあるのですが、もう一度食べたいものや新作をどうしてもゲットしたくて、たくさんお取り置きしていただきました。

 

 

どれもこれも文句なしにおいしいのですが、一番気に入ったのがこのクッキーです。

コロンとしたのが「ココミルキィ」、印字があるのが「ココビスケット」です。

f:id:komeko-aoi:20170309224601j:plain

ココミルキィは、乳製品を使っていないのに名前の通りミルキィです。

ココナッツミルクパウダーが使われているのですが、わたしも欲しくなりました。

 

ココビスケットはサクサクの食感で、手が止まらなくなります。

 

そして、一番食べたかったのが、この「サワドーブレッド」です。

f:id:komeko-aoi:20170309224646j:plain

これ、本当に米粉!?と疑うぐらいのおいしさです。

小麦よりおいしい気がします。

耳がカリッとするまでトーストして食べるのが、わたしはお気に入りです。

 

ココナッツドリームさんの次は、東京・恵比寿へ移動しました。

目的は「KO-SO CAFE」でランチをすることです。

KO-SO CAFE BIORISE | 酵素カフェ ビオライズ

 

雑誌「Veggy」で熊谷真実さんが紹介していたグルテンフリーのパスタが食べたかったのです。

「香ばしい木の実のオイルパスタ」です。

f:id:komeko-aoi:20170309224727j:plain

KO-SO CAFE BIORISE | 酵素カフェ ビオライズ

ニンニクが利いていて、オイルだけどクリーミーで、こんなの自分で作れないな~と思いました。

 

友人は、アレルギーもないし、グルテンフリーな食生活を実践しているわけでもないし、マクロビやビーガンでもありません。

そんな友人でもすごく満足していたお店です。

東京に行くことがあれば、また行きたいです。

 

続いて、青山へ移動しました。

次の目的は「ELLE cafe」です。

ELLE café|エル カフェ

インスタグラムでフォローしてくださっている方からオススメしていただき、是非とも行ってみたかったお店の一つです。

 

わたしが着いたのは、ちょうどカフェタイムでした。

若い女性がたくさん並んでいました。

わたしが訪れたのは平日だったのですが、平日でもこんなに長蛇の列になるのか!?と驚きました。

とても人気なんですね。

 

お土産だけ買うつもりでしたので、スススと列を横目に入店しました。

 

かわいいスイーツがたくさん!!
中でも「ゆめのか苺のスムージーボンボン」というのが人気なようですね。

ellecafe.jp

あれは女子の心を鷲掴みです!!

 

わたしが買ったのはこちらです。

f:id:komeko-aoi:20170309225828j:plain

グルテンフリーのマフィンとココナッツミルクのヨーグルトです。

上の茶色い方がコーヒー味で、卵、乳使用です。

下のオレンジの方は、卵使用です。

 

ココナッツミルクのヨーグルト、とってもクリーミーでおいしかったです!!
娘たちもパクパク食べていました。

 

そして、最後の〆は、東京駅に戻ってラーメンを食べました。

ミシュランに選ばれた「ソラノイロ」です。

http://soranoiro-vege.com/

f:id:komeko-aoi:20170309230309j:plain

これは「玄米ベジラーメン」です。

麺は、島根県の「宮内舎」さんのグルテンフリー玄米麺が使われていました。

 

スープにはニンジンのグラッセが使われているそうで、とてもクリーミーで甘かったです。

ポタージュを飲んでいるようで、あまりラーメンという感じがしませんでした。

でも、これはこれでおいしくて、ランチを食べてからまだ2、3時間しか経っていなかったのにペロリと食べてしまいました。

お腹にズシンとくることもなく、とてもやさしいラーメンです。

 

東京方面には、グルテンフリーやマクロビのお店がたくさんあって羨ましく思いました。

京都でももっとこのようなお店が増えてほしいです。

砂糖不使用おやつ


f:id:komeko-aoi:20170309000647j:image

バナナの甘酒米粉焼きドーナツ
卵、乳、小麦、砂糖不使用

 

久しぶりにおやつを作りました。

 

インフルエンザから回復してもなかなかアレコレ作る気になれず、娘たちのおやつは、このところ市販のお菓子に頼りきりでした。

どんなお砂糖を使っているかも分からないので気になりつつも、甘えてしまいました。

 

なので、今日は砂糖を使わないおやつです。

 

バナナの力でふわふわ。
甘酒の力で十分甘いです。

 

一緒に、あんこも炊いておきました。


f:id:komeko-aoi:20170309001044j:image

ずっと作ってみたかった、砂糖不使用のあんこです。

甘さはデーツで出しています。

 

あんこを娘たちに食べてもらいました。

甘さが足りないって言われるかと思っていたのですが、

 

「甘ぁ~い!」

「おいし~!」

「おかわり~!」

の声が聞けました。

 

まだまだ娘たちの味覚は大丈夫そうです。

 

しかし、砂糖を少しずつやめたいのですが、5歳の長女はいけても、3歳の次女にはなかなか難しそうです。

アレルギーがあるため、市販のお菓子は憧れのもの。

少しずつ少しずつ、スーパーのお菓子売り場に並ぶお菓子も食べられるようになってきています。

なのに、アレルギーの面ではせっかく食べられるのに、砂糖をやめたいという理由でこれ以上制限してしまうのは、次女には厳しすぎるようにも思っています。

 

それでも、砂糖の害は目をつぶれないので、上手く折り合いをつけていきたいなと。

のんびりと、のんびりと。 

インフルエンザでした。

随分と更新が滞ってしまいました。

 

2月はいろんな事が有りすぎて、気付けば3月も一週間過ぎていました。

 

2月は、中旬から一家全滅のインフルエンザでふせていました。

長女の幼稚園でインフルエンザが流行り、一週間以上学級閉鎖になりました。

長女も流行りに乗り遅れることなく、バッチリインフルエンザをもらって帰り、長女を皮切りに1日おきに家族みんながもらっていきました。

 

アラフォーのわたしは、人生初のインフルエンザでした。

インフルエンザって、こんなにしんどいのですね。

 

高熱と激しい頭痛。

 

熱には耐えられたのですが、頭痛には耐えられず悶絶していました。

 

できるだけ薬に頼りたくないので、東城百合子さんの自然療法でいろんなお手当てを試しました。

 

 

熱に豆腐パスター

解毒にこんにゃく温湿布。

大根おろしをよく摂り、梅醤番茶は欠かさず。

娘たちは、頭にキャベツ。


f:id:komeko-aoi:20170308152301j:image


f:id:komeko-aoi:20170308152311j:image

 

そのお陰か、割りと早く回復しました。

インフルエンザは、もうコリゴリです。

 

今月は長女の入院・手術を控えているので、家族みんな体調を崩さないために、あらゆる手を尽くしています。

 

部屋にはクレベリン。

朝、寝起きの体にマヌカハニー

毎日2錠のアレルケア。

 

元気に過ごせますように。

胚芽こめろに

f:id:komeko-aoi:20170210232701j:plain

f:id:komeko-aoi:20170210232730j:plain

 

お友だちからステキなプレゼントをもらいました。

その中に入っていた一つがこちらです。

「胚芽こめろに」。

 

ラベルのデザインがとても好みでツボでした。

 

こちらの商品、肥料や農薬を使わずに作られたお米からできています。

つなぎや調味料も一切使われていません。

とても安心安全な商品です。

 

今日の長女のお弁当に使ってみました。

右下のトマトソース和えです。


f:id:komeko-aoi:20170210233735j:image

 

他にも麺やシリアルもあるようです。

noufuture.wpblog.jp

 

お取り寄せしたいです。