米粉とむすめとアレルギー

米粉でお菓子・パン作り&卵・乳・小麦・ナッツアレルギーのむすめの成長日記

アレルギーべんきょう会

アレルギーべんきょう会

 

幼稚園で年長組の子どもたちに向けて、絵本を通してアレルギーのお話をしてきました。

 

目的は、小学校に入学する前に、アレルギーについて知ってもらうこと。

 

読み聞かせに選んだ本は、アレルギーのことだけでなく、給食についても描かれている
「ピーナッツアレルギーのさあちゃん」
という絵本。


f:id:komeko-aoi:20180222225537j:image

アレルゲンとなる食品については、
「食物アレルギーキャラクター図鑑」
の一部を使って。

 

読み聞かせ後は、子どもたちと一緒に、絵本の内容で大事なことをおさらいしたり、実際の給食で起きそうなことを寸劇で披露して見てもらったりしました。

 

子どもたち、とても真剣な顔で絵本を見てくれ、考え、学ぶところでは意見を出してくれました。

 

終わってからは、子どもの方から

 

「わたし、○○のアレルギーなんだ」
「わたしはアレルギーがあるのかなー?」
「手を洗わなきゃね」

 

等の声が聞けて、とても嬉しかったです。


子どもたちの頭や心のほんの片隅にでも記憶に残ってくれたら…という思いをちゃんと受け取ってくれたんだ!と、あたたかい気持ちになりました。

 

アレルギーと聞けば、怖いとか危ないといったイメージがあったり、何が何なのかすら分からなかったり、プラスの印象はないと思うんです。

 

でも、今回のおべんきょう会では、キチンと知れば、

 

「ただ怖いだけのことではないんだよ」
「給食を食べる時はみんなで気を付けよう」

 

が伝えられたんじゃないかな?と思いました。

 

園長先生や先生方からも良い感想が聞けて、ホッ。

幼稚園に「ピーナッツアレルギーのさあちゃん」の絵本を置いてもらえることになりました。

又、毎年このおべんきょう会を年長児に向けて開催する方向で、園長先生とも話ができました。

 

アレルギーについて、少しでも知ってもらいたい。
まずは、アレルギーに興味を持ってもらうこと。
周りが無関心では、どうにもならない。

 

アレルギーっこの親としては、伝えたいことは山ほどあるけど。
ホントは怖いことがいっぱいだけど。
でも怖い話ばかりで相手をビビらせてしまっては、始まらない。
まずは、アレルギーに耳を傾けてもらわなくては。

 

そんなわたしの思いがカタチになった、特別な一日となりました。
アレルギー普及活動の種まき、少しずつ広げていきたいです。 

バナナのベイクド米粉ドーナツ


f:id:komeko-aoi:20180219183505j:image

バナナのベイクド米粉ドーナツ

卵、乳、小麦、白砂糖不使用

 

ドーナツ大好き娘たち。

何を見たのか、朝から「おやつはドーナツ」コールが沸き上がっていました。

 

我が家のドーナツは、ベイクドタイプが定番です。

 

揚げるのめんどくさいだけ、ということには気付かれていません。 

 

でも、ベイクドの方が手軽だし、ヘルシーだし、かわいいし、いいことづくめ。

今日は、わたし一人で作りましたが、ベイクドドーナツなら、娘たちもよくお手伝いしてくれます。

 

手作りおやつの醍醐味は、この後のデコレーション。

アイシングやチョコやら、好き放題やっていました。

 

【材料】

米粉、アーモンドプードル、バナナ、きび糖、豆乳、米油、レモン、塩、重曹

 

 

米の粉 お徳用 1kg

米の粉 お徳用 1kg

 

 

 

 

へたシュークリーム


f:id:komeko-aoi:20180217212554j:image

へたシュークリーム
卵、乳、小麦、オートミール、白砂糖不使用

 

白崎裕子さんの「へたおやつ」より、へたシュークリームを作りました。


f:id:komeko-aoi:20180217212612j:image

ノンアレの長女に「へたおやつ」の中から一番食べたいものを選ばせたら、へたシュークリームを選びました。

 

次女は卵は解除になってるので、卵を使ったシュークリームは食べれるんですが、この白崎裕子さんの三大アレルゲンフリーなシュークリームをどうしても食べてみたかったそうです。

 

その気持ち、わたしも一緒です。
一体どんな感じに仕上がるのか、興味津々ワクワク。
発泡がどこまでキープするのか、科学実験感覚でした。

 

そして、仕上がりもまずまず成功かな。

娘たち、それぞれ2個半シュークリームをペロリでした。

 

安心して姉妹が一緒に食べれるおやつ。
幸せな時間でした。 

 

へたおやつ 小麦粉を使わない 白崎茶会のはじめてレシピ

へたおやつ 小麦粉を使わない 白崎茶会のはじめてレシピ

 

 

LFA 食物アレルギーと共に生きる会

初めて、アレルギーっこをもつお母さん、お父さんたちとの交流会に参加させていただきました。

大阪を拠点にされている、LFA食物アレルギーと共に生きる会さん主催の交流会です。

はじめましてLFAです。

 

色々な悩み、不安、経験のお話を聞けて、悩んでいるのはわたしだけじゃないんや、ということを改めて実感しました。

 

それと、お母さん、お父さんだけじゃなく、現在大学生の方から、アレルギーっことしての話も聞けて、とても貴重な時間を過ごせました。

 

その方は、

「アレルギーがあって良かった」

「アレルギーがあることを嫌だと思ったことはなかった」

と話してくれました。

 

親として、

「我慢させている」

「周りと違って、寂しい思いをさせている」

という気持ちが強かっただけに、目から鱗というか、ハッとさせられました。

 

これまで、食べられないものがあることを「個性」だと頭では思いつつも、周りとの差を埋めてあげたいという気持ちが大きかった気がします。

 

でも、埋めてあげることだけが手段ではない。

 

本人に「周りと違うところがある」ということを自覚させ、「自分の身は自分で守る」意識をさせることが、これから広がる集団生活には必要なんだと思いました。

 

すぐ側で助けてあげられるのは、幼稚園まで。
小学校に上がれば、わたしが見れない世界や知らない姿が出てきます。

 

あと、約2年。
次女は、どれだけ自分の体のことを分かってくれるかな。
前向きな気持ちで、次女に引き続き伝えていきたいです。

 

そして、今日の楽しみ。
アイスの時間。


f:id:komeko-aoi:20170820110531j:image
f:id:komeko-aoi:20170820110544j:image

アレルゲン無しの天狗堂さんのコーンに、ソフトクリームのように絞り出してくれたレックスベリーさんのアイス。

天狗堂 小樽店

食べログ天狗堂 小樽店

rex-very.com

 

 

娘たちのテンションは、最高でした。 

VEGI KITCHEN GuGu

名古屋行って来ました。

 

目的は、オットのフットサル全国大会が名古屋で開催された為だったのですが、わたしと娘たちは、オットの応援に行くでもなく、名古屋を満喫する一日でした。

 

冷たい嫁&娘たちです。

 

ランチに行ったのが、本山にある、ベジキッチン・グーグーさん。

www.instagram.com

 

マクロビやビーガンのお店はたくさんあるんですが、それに加えてグルテンフリーでもあるお店は、なかなかありません。
アレルギーっこの次女にとっては、夢のようなお店です。

 
f:id:komeko-aoi:20170818222928j:image
f:id:komeko-aoi:20170818223007j:image

娘たちは、お子さまプレートを。
・ベジハンバーグ
・ベジチキンライス
・ポテトサラダ
・星型きびパスタ
大豆ミートの唐揚げ
・サラダ
・プチデザート チョコムース

 

わたしは、日替わりランチをいただきました。


f:id:komeko-aoi:20170818223032j:image
・ベジキーマカレー
・大根のポトフ
・ビーツと春雨の赤じそ和え
ゴーヤとトマトの炒めもの
・ノンオイルドレッシングのサラダ
・カレー風味の豆乳ポタージュ
・プチデザート チョコムース

 

ビーツと春雨の赤じそ和えが絶品!!
すごく気に入りました。
ゴーヤとトマトの炒めものも、ゴーヤの苦味がなくて食べやすい。
キーマカレーは、お肉がないのに食べ応え十分。

 

更に、デザートには、娘たちのテンションあげあげなパフェ。


f:id:komeko-aoi:20170818223108j:image

すごい勢いで食らいついていて、お店の方も笑ってました。

 

写真のメニュー全て、卵、乳、小麦、ナッツ不使用でした。


f:id:komeko-aoi:20170818223142j:image


f:id:komeko-aoi:20170818223152j:image

 

たくさん食べたのにお腹が重くないのは、植物性のごはんだったからだと思います。

 

店長さんともお話させていただき、スタンプカードも作っていただいたので、また行かなくては。
娘たちも「また食べたい」としきりにいっていました。

名古屋に行ったら必ず行きたいお店になりました。

 

ごちそうさまでした。

里湯昔話雄山荘のアレルギー対応

義父が亡くなって以来、親族で旅行に行くのが恒例になっています。

 

今年も義父の命日に合わせて、行ってきました。

 

去年は、バスをチャーターして鳥羽へ。

今年は、近場のおごと温泉、里湯昔話 雄山荘さんへ。

琵琶湖、雄琴(おごと)温泉旅館「里湯昔話 雄山荘」【公式HP】

 

去年の鳥羽では、次女の食事のアレルギー対応はしてもらえませんでした。

持ち込んだものの温めをお願いできたぐらいです。

 

しかし、今年お世話になった雄山荘さんでは対応してもらえました。

旅行で一番苦労するのが食事なので、こんなに嬉しいことはありません。

 

しかも、わたしたち親族は、みんなそれぞれアレルギーを持っています。

そば、山芋、いくら、甲殻類、そして、次女の乳、小麦、ピーナッツ、くるみ。

 

全て聞き入れてくれました。

 

そして、用意してくださった次女の夕飯がこちらです。

テーブルには、間違いがないように、何のアレルギーかのメモが貼られていました。

 

3歳の次女は、通常の食事を頼めば、ハンバーグやエビフライ、チキンライス、ポタージュといったお子さまランチ風の食事です。

それに代わって、焼き魚、ステーキ、唐揚げ、卵スープを用意してくれました。

デザートには、フルーツの盛り合わせが出てきました。

 

朝ごはんは、このようなものでした。

これに、ごはんとお味噌汁がついてきました。

右上の小鉢の中に、どうも生麩のようなものが入っていたので、それは次女にバレない内に抜いておきました。

中居さんに確認しなかったので、実際は何だったのかは分かりませんが、おそらく生麩のような気がします。

 

この一点だけ問題が残りましたが、それ以外は本当に満足のいくお宿でした。

 

お宿にはプールもついていて、娘たち、姪っ子、甥っ子たちもとても楽しそうに過ごしていました。

温泉も広くて快適。

 

また利用したいと思うお宿でした。

 

 

Scharのグルテンフリー商品

日本で唯一Scharのグルテンフリー商品を取り扱っている山王グローサリーさんが、この度事業撤退されるそうです。

www.glutenfreefoods.jp

在庫が無くなり次第、サイトも閉じられるそうなので、急いで注文しました。

 

バゲッド等パン類は勿論食べてみたかったのですが、アレルギーの次女に食べさせてあげたかったのが、ウエハースです。

 

次女、初めてのウエハースです。

 

スーパーで度々、マンナウエハースを手にしていた次女。

初めて食べさせてあげられるかと思うと、わくわくします。

 

今回購入した中で唯一ウエハースは乳使用のものです。

次女が、乳の負荷試験を頑張った結果がここにも現れました。

嬉しい限りです。

 

他の原材料は、こんな感じです。