米粉とむすめとアレルギー

米粉でお菓子・パン作り&卵・乳・小麦・ナッツアレルギーのむすめの成長日記

LFA 食物アレルギーと共に生きる会

初めて、アレルギーっこをもつお母さん、お父さんたちとの交流会に参加させていただきました。

大阪を拠点にされている、LFA食物アレルギーと共に生きる会さん主催の交流会です。

はじめましてLFAです。

 

色々な悩み、不安、経験のお話を聞けて、悩んでいるのはわたしだけじゃないんや、ということを改めて実感しました。

 

それと、お母さん、お父さんだけじゃなく、現在大学生の方から、アレルギーっことしての話も聞けて、とても貴重な時間を過ごせました。

 

その方は、

「アレルギーがあって良かった」

「アレルギーがあることを嫌だと思ったことはなかった」

と話してくれました。

 

親として、

「我慢させている」

「周りと違って、寂しい思いをさせている」

という気持ちが強かっただけに、目から鱗というか、ハッとさせられました。

 

これまで、食べられないものがあることを「個性」だと頭では思いつつも、周りとの差を埋めてあげたいという気持ちが大きかった気がします。

 

でも、埋めてあげることだけが手段ではない。

 

本人に「周りと違うところがある」ということを自覚させ、「自分の身は自分で守る」意識をさせることが、これから広がる集団生活には必要なんだと思いました。

 

すぐ側で助けてあげられるのは、幼稚園まで。
小学校に上がれば、わたしが見れない世界や知らない姿が出てきます。

 

あと、約2年。
次女は、どれだけ自分の体のことを分かってくれるかな。
前向きな気持ちで、次女に引き続き伝えていきたいです。

 

そして、今日の楽しみ。
アイスの時間。


f:id:komeko-aoi:20170820110531j:image
f:id:komeko-aoi:20170820110544j:image

アレルゲン無しの天狗堂さんのコーンに、ソフトクリームのように絞り出してくれたレックスベリーさんのアイス。

天狗堂 小樽店

食べログ天狗堂 小樽店

rex-very.com

 

 

娘たちのテンションは、最高でした。 

VEGI KITCHEN GuGu

名古屋行って来ました。

 

目的は、オットのフットサル全国大会が名古屋で開催された為だったのですが、わたしと娘たちは、オットの応援に行くでもなく、名古屋を満喫する一日でした。

 

冷たい嫁&娘たちです。

 

ランチに行ったのが、本山にある、ベジキッチン・グーグーさん。

www.instagram.com

 

マクロビやビーガンのお店はたくさんあるんですが、それに加えてグルテンフリーでもあるお店は、なかなかありません。
アレルギーっこの次女にとっては、夢のようなお店です。

 
f:id:komeko-aoi:20170818222928j:image
f:id:komeko-aoi:20170818223007j:image

娘たちは、お子さまプレートを。
・ベジハンバーグ
・ベジチキンライス
・ポテトサラダ
・星型きびパスタ
大豆ミートの唐揚げ
・サラダ
・プチデザート チョコムース

 

わたしは、日替わりランチをいただきました。


f:id:komeko-aoi:20170818223032j:image
・ベジキーマカレー
・大根のポトフ
・ビーツと春雨の赤じそ和え
ゴーヤとトマトの炒めもの
・ノンオイルドレッシングのサラダ
・カレー風味の豆乳ポタージュ
・プチデザート チョコムース

 

ビーツと春雨の赤じそ和えが絶品!!
すごく気に入りました。
ゴーヤとトマトの炒めものも、ゴーヤの苦味がなくて食べやすい。
キーマカレーは、お肉がないのに食べ応え十分。

 

更に、デザートには、娘たちのテンションあげあげなパフェ。


f:id:komeko-aoi:20170818223108j:image

すごい勢いで食らいついていて、お店の方も笑ってました。

 

写真のメニュー全て、卵、乳、小麦、ナッツ不使用でした。


f:id:komeko-aoi:20170818223142j:image


f:id:komeko-aoi:20170818223152j:image

 

たくさん食べたのにお腹が重くないのは、植物性のごはんだったからだと思います。

 

店長さんともお話させていただき、スタンプカードも作っていただいたので、また行かなくては。
娘たちも「また食べたい」としきりにいっていました。

名古屋に行ったら必ず行きたいお店になりました。

 

ごちそうさまでした。

里湯昔話雄山荘のアレルギー対応

義父が亡くなって以来、親族で旅行に行くのが恒例になっています。

 

今年も義父の命日に合わせて、行ってきました。

 

去年は、バスをチャーターして鳥羽へ。

今年は、近場のおごと温泉、里湯昔話 雄山荘さんへ。

琵琶湖、雄琴(おごと)温泉旅館「里湯昔話 雄山荘」【公式HP】

 

去年の鳥羽では、次女の食事のアレルギー対応はしてもらえませんでした。

持ち込んだものの温めをお願いできたぐらいです。

 

しかし、今年お世話になった雄山荘さんでは対応してもらえました。

旅行で一番苦労するのが食事なので、こんなに嬉しいことはありません。

 

しかも、わたしたち親族は、みんなそれぞれアレルギーを持っています。

そば、山芋、いくら、甲殻類、そして、次女の乳、小麦、ピーナッツ、くるみ。

 

全て聞き入れてくれました。

 

そして、用意してくださった次女の夕飯がこちらです。

テーブルには、間違いがないように、何のアレルギーかのメモが貼られていました。

 

3歳の次女は、通常の食事を頼めば、ハンバーグやエビフライ、チキンライス、ポタージュといったお子さまランチ風の食事です。

それに代わって、焼き魚、ステーキ、唐揚げ、卵スープを用意してくれました。

デザートには、フルーツの盛り合わせが出てきました。

 

朝ごはんは、このようなものでした。

これに、ごはんとお味噌汁がついてきました。

右上の小鉢の中に、どうも生麩のようなものが入っていたので、それは次女にバレない内に抜いておきました。

中居さんに確認しなかったので、実際は何だったのかは分かりませんが、おそらく生麩のような気がします。

 

この一点だけ問題が残りましたが、それ以外は本当に満足のいくお宿でした。

 

お宿にはプールもついていて、娘たち、姪っ子、甥っ子たちもとても楽しそうに過ごしていました。

温泉も広くて快適。

 

また利用したいと思うお宿でした。

 

 

Scharのグルテンフリー商品

日本で唯一Scharのグルテンフリー商品を取り扱っている山王グローサリーさんが、この度事業撤退されるそうです。

www.glutenfreefoods.jp

在庫が無くなり次第、サイトも閉じられるそうなので、急いで注文しました。

 

バゲッド等パン類は勿論食べてみたかったのですが、アレルギーの次女に食べさせてあげたかったのが、ウエハースです。

 

次女、初めてのウエハースです。

 

スーパーで度々、マンナウエハースを手にしていた次女。

初めて食べさせてあげられるかと思うと、わくわくします。

 

今回購入した中で唯一ウエハースは乳使用のものです。

次女が、乳の負荷試験を頑張った結果がここにも現れました。

嬉しい限りです。

 

他の原材料は、こんな感じです。

牛乳負荷試験リベンジ成功

先月クリアできなかった、牛乳100cc負荷試験。

昨日、リベンジにチャレンジしてきました。

 

今までずっと順調にクリアしてきた牛乳。

先月に限ってクリアできなかったのは、きっと手足口病のせいかな?と思っています。

負荷試験をした夜に発熱。

ぐんぐんぐんぐん熱が上がり、ブツブツも出ました。

肌もあせもがたくさん出ていたので、負荷試験をするにはコンディションが悪かったです。

 

今回は、体調万全!

お肌の状態も落ち着いていました。

きっと成功する!と信じて、でもドキドキしながら挑みました。

 

前回同様100ccからチャレンジ。

 

100ccということは、この牛乳一本飲めるということなんですね。


f:id:komeko-aoi:20170808103704j:image

初めてパックのまま飲みました。

 

少し唇を痒がっていましたが、それ以上の症状は出ず。

許容範囲内でした。

 

時間をあけて、更に10cc摂取。


f:id:komeko-aoi:20170808102931j:image

次は、何も反応が出ることはありませんでした。

 

結果、この日110ccクリアすることができました!!

 

主治医の考えでは、牛乳はだいぶ体に慣れてきて落ち着いてきているとのこと。

自宅で5ccずつ増量していっても良い、と指導を受けました。

 

そして、牛乳が落ち着いてきたため、最大の難関の小麦に着手することになりました。

 

小麦…。

 

次女が生後7ヶ月の頃にパンを食べて、アナフィラキシーを起こしてた経験があります。

それ以来、完全除去。

今もまだ数値は下がっていません。

 

不安です。

 

でも、いつかは負荷試験にチャレンジしたいとは思っていました。

そのいつかが、思っていた時期よりも早く来ただけ。

そう思って、チャレンジする決意を固めました。

 

京都府立医大病院にて。

早速、今日診察に行きます。

 

次女の可能性を信じて、共に頑張ります!!

Premarche Gelateria

京都・三条会商店街にあるプレマルシェ・ジェラテリアさんに初めて行きました。

gelato.live

グルテンフリー、ミルクフリー、ヴィーガンジェラートがあるお店です。

 

行くまでは、ミルクベースのものがほとんどで、ヴィーガンジェラートは一部だけなんだろうな、と思っていたのですが、なんのなんの!

むしろ、ミルクベースのものの方が少なかったです。

ほとんど、アレルギーの次女が食べられるジェラートでした。

 

そして、次女念願のコーン。

と、言っても、お餅ワッフルのカップなんですが、それでもコーンみたいで次女は大喜びでした。

⇧次女が選んだジェラートは、お米のジェラートとストロベリー&ハニーです。

 

⇩長女が選んだジェラートは、モンブランとストロベリー&ハニーです。

そして、わたしが選んだジェラートは、ピスタチオと次女とは違う種類のお米ジェラートです。

 

全てミルクフリーのヴィーガン仕様です。

 

3人で分け合いながらジェラートを食べるなんて、初めてのことです。

 

みんながみんなのを突っつき合いながら食べてる時間は、ホント夢のようでした。

 

ミルクフリーだけどとってもクリーミーで濃厚です。

誰もミルクフリーだとは気づかないと思います。

 

他にもこんな種類がありました。

忍者食、気になりますよね。

試食させていただきましたが、きなこのような味でした。

 

娘たちはすっかり気に入ったようで、「また行きたい」コールを連発していました。

 

ごちそうさまでした。

アレルギーっこ絵本


f:id:komeko-aoi:20170731224330j:image

夏休みに娘たちとゆっくり読もうと、夏休み前から用意していた絵本。

まずは、娘たちにはわたしから説明せずに、シレッと本棚に入れておきました。

 

気付いたのは、やはり長女。

 

アレルギーっこのお話だと分かると、次女に読んであげていました。

3歳の次女には、まだ難しい内容の絵本もあります。
6歳の長女にも、馴染みのない感じがあったり。
でも、その中でも「ピーナッツアレルギーのさあちゃん」は、まだ読みやすい気がします。

 

長女の幼稚園では、保護者対象のサークル活動があります。
わたしは、絵本の読み聞かせサークルに入っています。

いつか、そのサークル活動で、この絵本を読みたいと思っています。

 

アレルギーのこと、もっとみんなに知ってもらいたい。
小学校に入学する前に、周りには「アレルギーの子がいる」ということだけでも頭の片隅に残せたら。
こどもたちだけでなく、大人にも。

 

そんな風に思っています。

 

わたしの思いをカタチにできるように、頑張りたいです。